記憶銀行

又の名を殴り書き

出逢い+∞

おはようからこんばんは!
ちょくちょく書き溜めていたらいつの間にかホワイトデーです。
風間圭吾くん、お誕生日おめでとう!!
生まれてきてくれて、アイドルになってくれてありがとう!!!!!!!



このブログは『好きなものについてたくさん書いていきたい!』と思って開設したので、まずは好きな作家さんとの出逢いを綴ろうかと思います。
どのジャンルでも、好きなものと邂逅した瞬間の話を聞くことが大好きなのでみんなもっとやってほしい。やってほしいから私から書き連ねます。



児童文学界のベストセラー作家、はやみねかおる先生。
かれこれ十数年間、先生の作品に魅了され続けています。


私の人生を変えた出会いは、小学6年生の時に突然やってきました。
当時人並みに本を読むことが好きだった私は、よく市営図書館に通っていました。ある日、『何か本格的な推理小説というものを読んでみたい!でもいきなり江戸川乱歩とかはちょっとハードル高い……』と思いながら、ふらふらと本棚の物色をしていた時のことです。
ある文字が目に飛び込んで来ました。
【名探偵夢水清志郎事件ノート】
背表紙しか見えない配置でしたが、その背表紙から目が離せませんでした。
とりあえず本を手に取り、受付カウンターに向かったのを覚えています。



人生初の叙述トリック

私が偶然手にしたのは、シリーズの第1作目である『そして5人がいなくなる』でした。

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

導入部として、語り手の岩崎亜衣ちゃんとシリーズの中心人物である夢水清志郎の出逢いからはじまります。
描写について1つ1つ考えて読む、ということをしたことがなかった私は、「なんだかスリッパがよく書いてあるな〜」なんてぼんやりと思いながら読み進めていたんです。
そしてその最後。
そ う い う こ と か ! ! !
兎に角衝撃を受けました。
描写にヒントをちりばめつつ、世界を描いて、かつ面白い!!
なんだこれは!!なんなんだこれは!!?!?!
驚き、笑い、一気にこのシリーズのファンになりました。
それはもう四六時中本を手放せなかったくらいでした。本に齧り付く勢いだったので親には早く寝ろとよく叱られたものです。それでも諦めがつかなかった私は、真っ暗な部屋の中でか弱い光(おみやげ屋さんによくある押すと光るキーホルダーです。今は売っているのでしょうか?)を頼りに本を読み漁ったのをよく覚えています。


趣味の共有と拡がるプラレールの世界

あまりにも面白いので、友人に「とにかく読んでほしい後悔はさせない!」と必死になって勧めたのも夢水シリーズでした。
思えば、人生初の布教活動だったのでは……!?10年以上が経過しても相変わらず布教が下手で泣ける。
人に勧められることはよくあっても人に勧めることは本当に初めてでした。この溢れんばかりのパッションをどうにかしたかったのだと今ならよく分かります。
もともと本の虫だった友人Aちゃんもすごく気に入ってくれて、2人で手にできた範囲のはやみね作品は読み漁り、新刊発売に沸き、感想を語った日々はとても充実していました。
今思うと、これがオタクになる兆候だったのかもしれません。

そして、はやみねファンの交流の場といえば公式ファンサイト『拡がるプラレールの世界』でしょうか。(現在は閉鎖されているためアーカイブのみになります)



はやみねかおるの『拡がるプラレールの世界』(アーカイブ)

当時はSNSがまだ台頭していない時期でしたから、この公式サイトはとても活発に更新される素晴らしい交流ツールでした。(寧ろ今、Twitterではやみね先生ファンが次々に繋がっていることにとても感動します。すごい!)
私がここを知ったのは本当に偶然です。『ネットで何か調べたら新刊情報とか詳しく載ってるかも!』と思い立ち、図書館のインターネットコーナーで検索してヒットしたのがこのサイトでした。
『カフェ・トルバドゥール』を開き、訳もわからないまま掲示板・BBSの文化に初めて触れました。書き下ろしの小説も多々ありました。

プラレールの世界内にあった『はやみねな日々』はサイトから独立し、現在も更新されています。新刊情報がサラッと書かれたりしてすごいです。顔文字も可愛いです。読者の語彙力は消えます。
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!


拡がるはやみねかおるの世界

各シリーズの話が進むごとに、彼らの世界が少しずつリンクしている部分が出てきて、一介の読者はとても興奮します。
1番驚いたものは、夢水第2シリーズで虹北恭助シリーズの恭助と響子ちゃんの間にベイビーが爆誕していたことですね…!!おめでとう!!!物語の彼らが着実に月日を重ねている事実に感謝です。
物語や世界観が広がり、繋がった風呂敷はどうやって畳まれるのか、とても気になります。
畳まれた風呂敷はきっと走る折り鶴みたいな形をしていて、いきなり動きだして私達を驚かせてくれるような気がします。


そして拡がる読者の世界

まぁ私の話なのですが、はやみね先生に出逢って、私の世界は拡がりをみせました。
作中何度か出てくる『未来は子供たちのものだよ』という言葉や、戦争や平和に関して触れる語り口が強く印象に残ったのです。
そこから授業を受けた時の疑問も相成り、戦争と教育についてを学びたいという理由のみで大学に進学、ゼミもその関連で履修しました。
選ぶこと、未来を作ることは、たくさん知ることから始まると思っています。その『知ること』は教え方1つで大きく変化します。考えるための材料は少しでも多く、等しく与えられなければ、考えるというスタートラインにも立てない。そんなことを、先生の著書たちから学ばせてもらいました。
就職先は上記とはほぼ関係がない職種でしたが、最終面接で『どんな本を読みますか?』と聞かれて『児童書を読みます』と熱く語った経験ならあります。これでよく採用してくれたな弊社……ありがとう弊社……。C調と遊び心を胸に、毎日頑張るよ……!



大人になったからこそ

法律的にも成人し、オタクとしても本腰入れて活動するようになってから、学生時代には考えつかなかった事を考えるようになりました。
はやみね作品のコスプレがしたい。
私は趣味でコスプレもしていますが、色々なジャンルで自分の『好き』を文字通り体現したくて活動(と言えるほど頻繁ではありませんが)しています。
長年抱え込んだパッションを今爆発させてる感は否めません。だが大きくなって選択の自由度が増した分、機会は作れる!更にそのタイミングで怪盗クイーンの公式ファンブック*1発売が重なったことも背中を押してくれた一因です。衣装名鑑宜しく、各衣装の詳細がズラリ。キャラクターのプロフィールもズラリ。更には書き下ろしの小説(学パロ)まで!こんなに有難い資料集が発売されていいのだろうか?と心配になるほどでした。
大好きな衣装を細部まで資料とにらめっこして作るのはとても楽しいです。実際に触ると『ここはこうなってたのか!』と新たな発見をすることも多々あります。

個人的に自慢したいことも書きます。
ファンがSNSで繋がる今だからこそ、あわせも実現しやすい……!栗井栄太を全員集めることができた日は夢でも見ているのかと思いました。

何度でも自慢しますよ。俺たちの栗を見てくれ。
声を掛けて快諾してくださった4名の皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました!!

他にも、Twitterを通して作品のファンが繋がっていくのは本当にすごいなと思います。
「やっほー!」と呟くと「るんたった!」で返ってくる、優しい世界です。たまに発現するお祭りタグによる集団幻覚*2が個人的にとても好きです。

これだけたくさんの人が集まると、児童書と言うジャンルは本当にファン層が幅広いんだなと実感しました。
それこそ、現役中学生・高校生(だと思われる方)もたくさんいますし、私のように成人しても赤い夢*3から醒めない方も多いです。ファンとしての好きの表現も人それぞれですごく賑やかだなと思います。

SNSで中心になって企画を立ち上げる方、先生の描く世界を深く研究する方、キャラクター達のイラストや小説を書いている方、キャラ名前を呟けばどこからともなく浮上する方、私と同じくコスプレをする方--たくさんの方がいます。どれも愛がないとできないことだと思っています。
好きに優劣はないし、表現も人それぞれです。たくさんの人がいるからこそ、自分が楽しめるものと程良く付き合っていきたいと思います。


明日は新刊発売日

そう、私が今こうしてつらつらと書いている理由の1つ、新刊発売です。明日です。
明日、新刊が2冊発売されます!!えっ、現実……?
『都会のトム&ソーヤ』の15巻と、『奇譚ルーム』。とても目出度い。赤飯食べよう。
都会トムは初回特典にしおりがランダムで封入されているとか……。オタクの血が湧き肉が踊りますね。

都会のトム&ソーヤ(15) エアポケット (YA! ENTERTAINMENT)

都会のトム&ソーヤ(15) エアポケット (YA! ENTERTAINMENT)

そして奇譚ルームは携帯小説の様に左側から読んでいくスタイルの様で、どんな仕上がりになっているのかとても楽しみです。

奇譚ルーム

奇譚ルーム

作中に出てくると言う先生のアバターチベットスナギツネはとても可愛らしくて大好きです。ちなみに私は先生を初めてお写真で拝見した時、よゐこの有野さんだ……)と思ったことがあります。
しかも今回の奇譚ルーム、サイン会がある。
今まで何度か開催されたサイン会ですが、仕事が常に入ってしまい行くことができませんでした。が、今回は行けることになりました…!!
推しには会いに行けるうちに行くべき。私が多くのジャンルで学んだことでもあり、今最も重要な局面にある課題です。
それが1つ叶うことになりました。十何年と拗らせてきたため、当日は感謝の気持ちを伝えられるか不安なのでお手紙を用意して行くつもりです。何を書こうか迷って、とりあえず気持ちの整理も兼ねて今ブログを書いています。感極まって泣き出しそうです、未来の私。強く生きろ。*4
サイン会を終えたら、きっとまた書きます。その時との比較としてもこの備忘録を残そうと思います。

サラダバー!

*1:キャラクターの瞳の色が宝石で記されるジャンルもなかなかないと思う

*2:#怪盗クイーン2期始まる前にみんなの神回こっそり教えて #怪Q連ガシャ で検索🔍

*3:先生の作品から切っても切り離せないものが『赤い夢』。魅了された人は皆赤い夢の住人です

*4:推しを目の前にして号泣した前科有り

サイコーの先

大好きなコンテンツが一つ、活動を休止する発表がされました。

ここからは私の覚書です。

文才もないし思った事をただただ書き連ねているだけですが、こんなことを感じたファンがいるんだという記録の一片にしたいと思います。

 

 

ドリフェス!』という5次元アイドル応援プロジェクト。

アプリから始まってデータカードダス(以下DCD)、アニメも2期放送され、3次元の彼らもライブ、ファンミーティング、ライブツアーを行っています。どこから始めても「どこか繋がっている」ように感じさせる、2次元のキャラクターと3次元のキャストがどこかリンクしあう不思議な味を持ったコンテンツです。

2月21日発売のDearDream 1st LIVE『Real Dream』 Blu-rayオリコンチャートで2位を獲得し、DearDream 1st LIVE TOUR『ユメノコドウ』もつい先日、2月25日にパシフィコ横浜でオーラスを迎えたばかりの、まさに『これから!まだまだイケるっしょ!』なコンテンツだと思います。思っていました。

 

それが突然、3月5日の公式Twitterからの発表。

 

 

お姉さんであるアイカツ!も終わりを迎えていく中、弟君も致し方なかったのかもしれない。

それでも、初めてDCDをやった時の感動も、ギャラクティカショットを放つ推し達をひたすら連写したことも覚えているし、まだまだ遊び足りないです。アプリもフルボイス、3次元でイベントがある日は特別ボイスが各キャラに用意されていて、限定衣装で踊ってくれて、新曲もたくさんプレイできる、そんな素晴らしいアプリも終わってしまう……。

すごく遣る瀬無くて、悲しくて、寂しかったです。

f:id:halno0:20180306150502p:imagef:id:halno0:20180306150935p:imagef:id:halno0:20180306150953p:image

どのイベントもものすごく楽しかった。あと少ししか無いけれど全力で遊びます。

 

そして、突然の風呂敷畳みに戸惑う中での緊急生配信の発表。

 

 もしかして…という気持ちもある反面、そんなことはない、きっともっと素晴らしい何かを抱えて、みんな笑顔でお知らせを引っ提げてきてくれると信じて1日の仕事を終えました。

 

そして生配信。

最初に写った皆の顔で『終わってしまうんだな』と察してしまった。

 

大きな瞳が少し赤くなっていた壮馬君が、まっすぐにこちらを見て静かに話している姿がとても胸に刺さりました。

『一旦』の『区切り』そう株元さんが言ってくれて、その言葉にすこし救われました。それでも、空元気に笑う戸谷さん、溝口君、富田君、口数の少ない将熙君、郁君の姿にどうしても悲しくなってしまいました。

今までの活動を皆が振り返っていく中で、いったい何時から彼らはこの事を知っていたのだろうとぼんやり考えていました。

知ったうえでBATTLE LIVEを、LIVR TOURを行っていたのかと思うとあの時あの言葉を笑顔で言い切っていた皆は、とても強くて格好良いと思います。

 

ドリフェス!研究室』の移行決定、2ndアルバム、ニューシングル、そしてLIVE TOURとBATTLE LIVEのBlu-ray発売決定、何より武道館でのライブ開催決定。

嬉しいことがこんなにも沢山待っているのに、素直に喜ぶことが出来ないです。

 

 

放送が終わって、放心しながら友人に電話をかけ、二人でひたすら泣きながら思いの丈を吐き出しました。脈絡はないですが、その時話したことはこんな感じのことでした。

 

もう終わってしまうん…?

最初はただただ悲しくて、遣る瀬無かった。『もっと自分たちにできることがあったのではないだろうか』『あの時もっとこうしておけばよかった』『もっと早く出会いたかった』そんな後悔ばかりが浮かんできました。

もっと応援できていれば、もっと応援《エール》を彼らに届けられたのではないか。

二度と会えなくなるなんて 想像できたなら

また違う未来を選べたかな

2032の歌詞が脳裏に焼き付いて離れません。

 

2+3=5だからこそ

5次元プロジェクトはその分関わる人の多い、規模の大きい活動だからこそ、今迄みたいに全力で走り続けるのは難しいのも分かってはいるのです。アニメも終わり、一区切りがついた『今だからこそ』DCDとアプリも終了するのは致し方ないのかもしれない。

そして、配信でも溝口君が言っていた、『常に自分たちの傍にドリフェス!がいた(意訳)』という言葉もありました。

2次元と3次元であわせて5次元なのだから、2次元が終わるなら3次元も終わっちゃうよな……とストン、と腑に落ちたんです。どちらかだけで成り立たないからこそのこの発表だったのだろうとも思います。

 

一抹の気懸り

パシフィコ横浜は、掛け値なしで最高の舞台だったと思います。ただ、所々で引っ掛かりは感じていた事も否めません。壮馬君のMCで、『7人でも、5人でも、1人でも』と言われた瞬間、『こんなに大勢で歌えることなんてもうないかもしれない』と言われた瞬間……この言葉たちがどこかで引っかかるのだと友人と話したこともありました。

まさかこんなに早く答え合わせをされてしまうなんて想像もしていませんでした。

 

愛あるコンテンツ

どちらかだけを細く長く続けるという選択肢もあったと思うけれど、それはこのコンテンツの本意では無かったのかもしれない。そもそも、続ける続けないとか色々なことを、ファン以上に関係者の方々は物凄く、それはもう沢山の時間を掛けて話し合ってくれたんだろうなって思います。勿論、キャストの7人だって、すごくいっぱい話して、彼らなりの考えを見つけた結果だと思うんです。その上でここまでしっかりと走り続けてきてくれたことにまずは感謝したいです。

 

このプロジェクトでアイドル活動をしてくれている皆はアミューズの俳優さんたちであって、もっとそれ以外のお仕事があるわけで。

こうしてさらに人気に箔がついてきている今だからこそ、個人の仕事にも力を入れて輝いてほしいと思っています。ドリフェス!だけで終わってほしくない気持ちも、ドリフェス!が彼らの枷になってほしくない*1気持ちもあります。

おそらくだけれど、契約や統合やそういうことも含めつつ、スタッフさんたちはキャストさん自身の事も加味して、色々と、本当に色んなことを考えてくれた上での決断だったんじゃないかなと思います。

だってオリコン2位を獲った子たちなんて、これからいくらでもファンから搾取*2できるじゃん!新規ファンも確実に増えているこのタイミングで!ここで一旦幕引きです、なんて相当な決断ですよ……。

関係者の方々がキャストの皆さんを愛してくれているからこその判断だと思うし、そうだと思いたいです。

 

そして、この発表が横浜でされなくて良かったと、個人的には感じています。

私は以前、CHERRYBLOSSOMという大好きなバンドが解散発表をする瞬間に立ち会ったことがあります。

2ndアルバムを引っ提げた、ワンマンツアー最終日。終盤MCでの発表でした。

凄く楽しかった筈なのに、すごく悲しくて、頭が真っ白になったし、同時に発表されたベストアルバムの発売とラストライブの開催の情報はほとんど頭に入りませんでした。

あんなに熱かったハコが静まり返った瞬間は、8年が経つ今でも忘れられません。*3

 

横浜から1ヵ月も経たないうちに発表があったのはあまりにも早いけれど、横浜から笑顔で帰ることが出来たのはスタッフさん、キャストさんの愛の賜物なんじゃないか。

少なくとも、私自身は彼らから横浜で貰った応援《エール》がなかったら、ライブ翌日の引っ越しや人事異動は乗り切れませんでした。ドリフェス!に生かされた1週間でした。ありがとう。

 

ベストアルバムではなく、2nd アルバムと3rd シングルを出してくれること、彼らの一度しかないライブをしっかりと円盤に残してくれることも本当に有難い限りです。

あとは神円盤『Documentary of DF Project』に第二弾が欲しいくらいでしょうか……。

FACE 2 FAITHとユメノコドウのフルMVは世に残してほしい。わがままばかりのファンでごめんなさい。お問い合わせしてきます。

 

その一言を信じる

株元さんが言ってくれた『一旦の区切りだから』という言葉。例え其の場凌ぎだとしても、私は救われました。

これで全部が終わりじゃないのだ、いつかまた、きっと14人が笑顔で応援《エール》を受け取ってくれる日が日本武道館の先にあるんだと思わせてくれました。

本当に黒担当は2も3も格好良いこと言ってくれるんだ。

 1周年?好きになるのに時間は関係ねえ

 このドリカを手にした瞬間はボロボロに泣いたし、ずっと着いて行くと誓いました。

いくらでも待とうじゃないの…‼‼!!

10年後の彼らはどうなっているだろう。圭吾は10年後も即位し続けるのだろうか。そろそろ玉座についているかもしれない。そんな風に言えるくらいにはなって来たかもしれません。楽しみが増えました。

 

モブファン

ファンはどんな時も公式からの情報をただ受け止めるしかないよな、という話を友人とする中で、受け止めたうえでの身の振り方(付き合い方、考え方)って難しいんだな、としみじみ思いました。アイドル戦国時代で、活動が尻すぼみになっていくことも、電撃解散することもおかしくないご時世に、こうやって『最後』に彼等の夢であった舞台を用意してくれて、次に会えるまでの準備をさせてくれるコンテンツに出会えたことに感謝したいと思います。(それでも、本当は彼等の最後になんてしたくないし、武道館は通過点になって欲しかった。なって欲しいです。)

彼等の周りの人達全てに感謝しながら、今まで出来なかったことを少しずつやっていきたい。ありがとうをお返しして生きたいです。

 

そして横浜で彼らが見た『最高の景色』の一部を担えたことは本当に良かったと思います。

 

郁君が『幸せです!』と言ってくれたその一部になれたんだと思うと、出会えてよかったと思います。

どんなことがあっても彼らには幸せになってほしいし、健やかに笑顔で過ごしてほしい。

とにかく彼らが歩む道に幸多からんことを願います。

 

 

色々話したけど、やっぱりドリフェス!が大好きなんだよな!!!!!!!!!

終わりじゃないし、でも終わってほしくないし、こうやって皆が一緒に活動しているところを応援できなくなるのはすごく寂しい!!!!!!!悔しい!!!!!!!

私はアイドルしてる彼等から知ったので、もっとキラキラアイドルしてる姿を見たい!!!2月25日が初現場なのに!!!!!悔しい!!!!!

でもそれ以上にありがとう!!!!!!!!いっぱいありがとうをもらった分、少しずつ返していきたい!!!!!!!!

本当はまだパシフィコ横浜の備忘録を書いては消しを繰り返していたんだけどどうしてこうなった!!!!!!!!

まだグラグラするし、やっぱり武道館を最後にしてほしくないし、もっともっと最高の先に連れて行ってほしい。泣いてしまうことも沢山あると思います。実際、今も泣きながら書いています。

でも、郁君が、将煕君が毎日『頑張る、頑張ろう』と言ってくれるから頑張ってみようと思います。

泣いて終わるのがドリフェス!なわけがないとどこかで信じさせてくれる気がするんです。

奏達7人が壮馬君達7人の背中を力強く押してくれるその先を祖母は出来る限りの事をしながら見守ります。

 

まだまだイケるっしょ!!!!!!!

*1:勿論、彼ら自身がドリフェス!を枷だと思ったことは無いだろうけれど

*2:言い方が思いつかなかった。申し訳ない

*3:それでも、今でもCHERRYBLOSSOMは大好きだし、楽曲もよく聴いています。嫌いになんて絶対になれないくらい大好きです。

はじめてみたよ

はじめまして、おはようからこんばんは!

なんだか周りの波に乗ってみたくなった。

そんな理由でふらっと開設しました、はてブ

 

わたしは情緒ある文を書けるわけでも、インパクトのある文が得意なわけでもないですが、

好きになることやモノは多いので、備忘録を含めてやっていけたら楽しいかなー、なんて思っています。

 

現在進行形で引越しの準備をしていて、その現実逃避とも言います。わお!

汚部屋の片付け方ってあるのかしら…

 

今後はいろんなものにアンテナを伸ばしながら、自分に無理のない楽しみ方をしたいなぁと思っています。